Search
  • Anrish-NY

Take care of yourself

Updated: Sep 7, 2020

日本語は下部をご覧ください

My aunt suddenly died of cancer last December, she was 55 years old.

I heard from my mother that my aunt got cancer and that she will have surgery.

When she got hospital, she had stage 4 colon cancer. The doctor said she has 6 months to live.


My aunt is my mother’s older brother’s wife, even though we aren’t connected by blood, my aunt and I are close.


I went back to Japan last year so I could see her. The last day in my hometown, my grandmother suggested me to say goodbye. I thought I could see her again soon when I visited.


Unfortunately, I never saw her again.


She was a nice and persistent person. She was always taking care of others. Her family worried about her health and asked her to go to hospital. But she didn’t go until a month before her death.


I heard from my mother that she strongly regretted a lot of things when she got to hospital. About her family, job, and many others. I couldn’t see her after I left, but I can imagine that.


It’s impossible to change someone. However, what if she could take care of herself the same way she took care of others, things might be different.


Do you have time to focus on the inner you? Meditation, yoga, massage, these can be used to access the inner self. The important thing is that before helping others you need to help yourself. The time spent taking care of yourself is an investment.



昨年の12月、叔母が55歳で癌により急逝しました。

母から叔母の癌が発覚し、手術を受けると連絡を受けました。

病院に着いた頃には、ステージ4の大腸ガン、叔母の余命は6ヶ月とのことでした。


叔母は母の兄の妻で、私とは血の繋がりはありませんでしたが、会えばよく話し、仲の良い存在でした。


昨年日本に帰国した際、彼女に会いました。地元で過ごす最後の日、祖母が私に、叔母にお別れの挨拶しに行きなさい(この時はNYに帰るからという意味で)と強く提案してきました。また帰ったら会えるし、昨日も話したからいいよ、そう思って挨拶に行きませんでした。


残念ながら、彼女に会うことは二度とありませんでした。


彼女はとても我慢づよい、よい人でした。いつも自分以外の誰かを気にかけていました。彼女の家族が彼女のの健康状態を気にして病院に行くよう何度も言っていたそうです。しかし、彼女は死を迎える1ヶ月前まで病院に行くことはありませんでした。


母から聞いたところによると、叔母は病院に着いてからたくさんのことを強く後悔したそうです。家族について、仕事について、他にもたくさん。私は彼女に会うことはできなかったけど、すぐに想像が付きました。


そして、私は年明け2020年2月に叔母に会うために一時帰国しよう、そう思い始めて1週間後、仕事中に叔母が急逝した連絡をうけました。

その日は、珍しく、笑、たくさんのご予約を頂いており、休む暇もない状態でした。

すぐにわかりました。

叔母から、”私なんかのことで、わざわざ帰って来ないで。仕事頑張って。”

そいう言われているんだと。

今思うと、2020年2月はコロナウィルス問題が始まった真っ只中の日本、そういう意味でも行かない方がよい、というようになっていたのでしょう。


他人を変えることはできません。それは身近な人や血の繋がりがある家族であったとしても。しかしながら、もし叔母が、彼女がいつも周りを気遣っていたように、自分のことを気遣っていてあげれていたら、何か違っていたのではと。


ご自身の内側に向ける時間はお持ちですか?瞑想、ヨガ、ボディマッサージ、ご自身の内側にアクセスすることができます。大切なのは、他の人を助ける前に、まず自分を助けてあげることです。自分を大切にする時間を持つことは必ず価値を見出します。


Anri

15 views0 comments

Recent Posts

See All

Mrs. Gach's blog

日本語は下部をご覧ください One of my clients Mrs.Gach's blog, I always realized many of things when I read it everytime. Let me share it which I was most impressed in recent. Her blog is in bilingual. English ver.

Hi there!

日本語は下部をご覧ください。 Finally, we made our website! We'll keep the website updated as much as we can. A lot of things happened this past 5 months. Who could have predicted this pandemic? Who could have imagi